Entries

志賀公園のラジオ塔

 名古屋市北区、名古屋城の北方に志賀公園がある。面積約5haの地区公園で、昭和の初期に、西志賀土地区画整理組合から寄付された敷地を核に整備された公園である。水と緑の豊な公園で、野球場やミニスポーツ広場、花や彫刻を見て歩く散策園路などが備わっている。
 その樹林の一角に、コンクリートづくりで高さ3mほどの施設がある。同じようなものを中村区の中村公園でも見たことがあり、何かなぁと思っていたところ、昨日の中日新聞の記事で知ることができた。地元の自治会長さんたちが疑問に思い、調べた結果 「ラジオ塔」 だということが分かったという。調べるきっかけになったのは、“写真を撮りにきた男性が住民に質問した” と記事にあるが、ひょっとしたらその男性とは私のことかもしれない。

志賀公園マップ

 ラジオ塔とは、戦時中までに全国に建てられたもので、上部に置いたスピーカーからラジオ放送を流し、住民が体操をしたりスポーツ中継を聞いたりしたものである。戦時中は、大本営発表など戦意高揚にも使われていたという。終戦の玉音放送も流れたかもしれない。全国に460か所建てられたが大半は撤去され、現在残るものは数少ないとのこと。
 公園の中央部に、柵で囲まれた立派な石碑が建っている。これは、この地の屋敷に住んでいた織田信長の忠臣 「平手政秀」 の記念碑である。よく大河ドラマなどで、信長の若いころは行状が悪く、父信秀の葬儀で位牌に灰を投げつけるなどのシーンが描かれる。信長の補佐役だった政秀は行く末を案じ、自害してこれを諌めたという。歴史ある公園には、いろいろな物語が残っている。

志賀公園C
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/350-35e9f441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ