Entries

刈谷の「依佐美送信所」跡地

 かつて刈谷の田園地帯に、高さ250m、名古屋のテレビ等よりはるかに高い鉄塔が聳えていた。「依佐美送信所」 と呼ばれ、8基の鉄塔が長さ1800m、16条の長波アンテナを支えていた。周りに高い建物もないので遠くからでもよく見えて、一種のランドマークにもなっていた。
 第一次世界大戦が始まった大正3年当時は、日本と海外との通信は3本の海底ケーブルのみで、その全てが欧米の通信会社の所有であった。そうした中、大正14年に逓信省が、依佐美村に送信所の建設を決定し、昭和3年着工、4年に完成する運びとなった。同年にワルシャワへの送信が開始されたのである。一時期、短波需要が拡大し依佐美の役割は減ったが、潜水艦への水中の通信のためには長波の方が有利なため、再び利用が活発となった。(写真左は、平成9年に撤去された後に残された鉄塔の基部と記念館、右は、直流の発電機である。)

よさみA

 第二次大戦後は在日アメリカ海軍に接収され、米軍潜水艦の通信に使用されることとなった。しかし、平成6年には役割を終えて日本に返還され、9年に撤去されることとなったのである。跡地は、基礎だけのモニュメントが残され、記念館とともに歴史の語り部となっている。
 約3.5haという広大な敷地は、公園として一般に開放され、遊具広場やイングリッシュガーデンとなっている。利用者の休憩や、ボランティアの人たちの集いのための 「フローラルプラザ」 には、小さなサンルームがあって、サボテンなどが植えられていた。

よさみマップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/381-836e2d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ