FC2ブログ

Entries

納屋橋

 江戸時代、堀川には7本の橋が架かっていた。北から五条橋・中橋・伝馬橋・納屋橋・日置橋・古渡橋・新橋である(尾府名古屋図=蓬左文庫蔵参照)。納屋橋は上からも下からも真ん中の4番目にあり、最初は慶長15年 (1610) の清洲越しのときに造られたものである。名古屋の城下町は、豊臣方に対する戦略都市として誕生したが、同時に碁盤割の町を中心とした経済の町でもあった。 
 広小路はその中心的存在で、納屋橋は多くの人たちが通行する重要な橋であった (現在でも同じ)。元は、「尾張名陽図会」 に見るような木橋であったので、度々架け替えられている。正保4年 (1647) に改築、元禄13年 (1700) の大火には延焼を免れたが、寛保3年 (1743) に改修されている。明治19年の広小路拡幅改修の時には橋幅を拡張して整備された。

納屋橋マップA

 その後、濃尾震災の被害を受けて、翌年の明治25年 (1892) に改築、明治43年 (1910=鶴舞公園の開園と同時期) には、当時としては新式の鉄石混用の洋風な橋に改築された。当時の費用で10万円という巨費を投じ、4年という工期を要して大正2年に開通したという。
 橋の形式は上路アーチ式、側面から見ると小さなアーチが連なっていて美しい姿形である。石造りの親柱、鋳鉄製の欄干や照明塔も優美なデザインである。欄干の模様に堀川開削総奉行であった福島正則や信長・秀吉・家康3英傑の紋所が飾られているのも面白い。
 橋の中央に半円形のデッキがあって、通行の人が堀川の上流を眺めていた。

納屋橋G
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/385-7ba74fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ