Entries

長良川の美濃橋

 長良川は、飛騨山脈・標高2500mの大日岳に端を発し、郡上・美濃・関・岐阜を流れ、揖斐川・木曽川と合わさって伊勢湾に注ぐ大河川である。延長166km・流域面積は約2000平方kmと広大である。因みに、木曽川は229km・5300平方km、揖斐川は121km・1840平方kmである。
 美濃の町は、関が原の合戦でも活躍した高山城主・金森氏が整備した。郡上街道や牧谷街道、長良川水運の上有知湊もある交通の要所である。美濃街道から対岸へ渡り、板取川をさかのぼる牧谷街道へ進むには、前野の渡し舟が頼りであった。ここに長大な吊橋が完成したのは大正5年 (1916) のことである。

美濃橋H

 左岸にある城山「小倉山」から飛び出した岩盤の上に鉄筋コンクリートの主塔を立てた、橋長113m・幅員3.1mの単径間補剛吊橋である。橋桁を、鉄骨トラスで補剛し、橋面は太い丸太の上の板張りである。昭和40年ごろまでは、小型の乗合いバスも行き来していたが、老朽化が激しくなったので、現在は自転車や歩行者専用になっている。
 完成後100年を越えるこの美濃橋は、現存する最古の近代吊橋として平成15年に国の重要文化財に指定された。ちょうどその年に創設された国の大規模修繕の制度にのって、翌年から美濃橋修復の事業が始められた。特に右岸のケーブルの根元が劣化していたので、現代技術を駆使して、アンカレイジ削孔で補強する工事を行なった。アンカレイジとは、釣り橋の主ケーブルを支える重要な基礎のことである。

美濃橋I
美濃橋マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/390-8994fc42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ