FC2ブログ

Entries

平成記念公園「日本昭和村」

 天皇陛下のご退位が決まって、いよいよ平成の御世も終わることとなる。今朝の新聞報道によれば、再来年の4月には新しい年号になるようである。美濃加茂市に岐阜県の整備した 「平成記念公園・日本昭和村」 がある。平成が過去のものとなりつつある今、「明治」 と同じように 「昭和は遠くなりにけり」 といわれるようになるのであろうか。
 この公園は、昭和30年代の里山をイメージしたもので、広大な園地の中にレストランやショップがあり、SLの形をした園内バスで回ることができる。ここでは、懐かしい時代のいろいろな体験もできることが売りである。囲炉裏のある工房で機織や染色、登り窯やろくろを使っての陶芸教室、広い厨房でパン焼きや蕎麦打ち体験などである。

昭和村G

 村の入口近くに、巨大な 「桂化木」 が展示されていた。この公園内の2000万年前の蜂屋累層という地層から発見されたものである。桂化木とは、火山灰などにより立ったまま埋もれた樹木が、地層中のシリカ (二酸化珪素) に置き換わったものだという。
 樹種は 「メタセコイア」 だと考えられている。この植物は 「生きている化石」 と呼ばれている。最初に報告されたのは化石の中に閉じ込められた葉で、1941年に大阪の三木茂博士が発見した。恐竜などと同様に古代に絶滅したとものと考えられていた。ところが、1945年になって中国揚子江奥地で、この植物の林が発見されて世界中の話題となったのである。
 日本へは、1949年にアメリカから挿し木苗100本が送られてきた。貴重な植物であるので、全国の研究機関や植物園などに分け与えられた。東山植物園へは3本送られており、そのうちの1本が合掌造りの家近くで大きく育っている (下の写真)。繁殖は挿し木や実生により容易にできるので、現在では多くの公園や高速道路のインターチェンジなどに植えられている。

昭和村マップ


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/399-623cd966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ