FC2ブログ

Entries

忠節橋

 忠節とか忖度という言葉は、とっくの昔に死語になっていると思っていた。ところが最近、これらがきちんと生き残っており、忠節を誓ったり忖度を尽くさないと出世できないということが分かってきた。近々第7版が出版される 「広辞苑」 によれば、「忠節」は “君につくす節義” であり、「君」 とは国家元首や自分の仕える主君のことである。

忠節橋マップ

 長良川が金華山の山裾を何度か蛇行するあたり、長良橋と金華橋の下流に 「忠節橋」 が銀色に輝いている。明治になるまで、長良川には橋が架かっておらず 「忠節の渡し」 という渡し舟で結ばれていた。明治7年と14年に二本の橋が架けられたが、両岸の往来は頻繁となり更なる新橋が求められた。明治17年、今より270mほど上流に初代の忠節橋が架けられた。通行料が必要で、人は5厘、馬車は2銭であったという。
 その後、老朽化に伴い、明治31年と45年に架け替えが行なわれた。現在の橋が完成したのは昭和23年のことである。戦時中に着工されたが、コンクリートや鉄鋼などの資材が思うに任せず、戦後になってようやく完成したのである。形式はブレースト・リブ・バランスト・タイドアーチという長い名である。平成17年までは、路面電車も走る併用橋であった。全長266m、幅員17.6m、戦後我が国で造られた最初の大規模橋梁である。

忠節橋G
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/401-e99875c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ