FC2ブログ

Entries

八百津橋

 八百津の町は、JRの中央線とも高山線からも離れていることもあって、これまで馴染みのない町だった。木曽川沿いの歴史的土木施設について調べていくと、八百津周辺にはいくつかの興味深い施設があることが分かり、訪ねてみることとした。
 木曽川はおおむね北から南へ向かって流れている認識であるが、このあたりでは、東から西へ向かって流れている。濃尾平野の地盤が、鈴鹿山脈の断層に向かって東高西低に傾いていることがその理由であろう。そういえば、庄内川も一旦西に向き、その後南に向かって流れていく。

八百津橋G

 八百津の町の中心地に 「八百津橋」 が架かっている。これは県道381号が、国道418号と繋がるための県道83号に架かる橋である。現在は、平成3年に完成した 「新八百津橋」 が使われている。構造は 「ニールセンローゼ橋」、延長160mで幅員は7.5m、銀色に塗装されている。橋面を支えるのがワイヤーであるので、遠くから見ると中抜けのアーチだけに見える。
 すぐ隣に赤いトラス橋 (ワーレントラス) がある。これは昭和29年に架けられた 「旧八百津橋」 で、現在は歩行者・自転車専用となっている。延長117m、幅員は4.5mと狭いので、近年の道路事情に合わなくなり、新橋の建設となったのである。

八百津マップ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/419-5d4d4f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ