Entries

八百津大橋

 国道21号から御嵩町井尻で枝別れし、加茂郡八百津町へ向かう道を 「井尻八百津線」 と呼ぶ。県道358号である。途中、丸山ダムとその下流一帯の 「蘇水峡」 の近くを通る。蘇水峡は岩壁により川幅が狭められる景勝の地で、春の桜や秋の紅葉の名所であり、木曽三川の三十六景に撰ばれている。
 この道路が木曽川と交差する地点に 「八百津大橋」 が架かっている。昭和50年に開通した。橋長356m、幅員は意外に狭く6mである。左右1車線であるが、中央のラインは引かれていない。形式は 「上部平行弦ワーレントラス」 という。

八百津大橋G

 毎年4月に行なわれる 「八百津まつり」 は、3つの巨大な山車が練り歩く 「けんか祭り」 で有名である。3台の山車を合わせると一艘の船の形になるのが特色である。元々舟運で栄えたこの地域の特徴を色濃く残したものと言われている。山車がこの橋を渡るときに、横から見える姿がまさに舟の形をしているという。
 大橋の下流に、1本のコンクリートの柱が見えている。これは、かつて架かっていた吊り橋の名残である。「錦織橋」 と呼ばれた吊り橋で、長さ148m、幅1.5であった。昭和58年9月29日にこの地を襲った豪雨により流されてしまい、この主塔だけが残ったのだという。

八百津大橋H
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/420-cc597a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ