Entries

堀川口防潮水門

 堀川は、名古屋城築城時の資材運搬用に開削された運河である。慶長15年 (1610)、徳川家康の命により福島正則が工事を行った。延長は約16km、現在は庄内川水系の1級河川に位置づけられている。昭和34年 (1959) の伊勢湾台風の折には、高潮が堀川を溯上して沿岸に甚大な被害が生じた。
 災害後の復旧・改良事業において、堀川沿岸には川岸いっぱいまで建物が建てられていることから、川岸に防潮堤を新設することは難しい。そこで、河口部に防潮水門を造ることにより被害を防ごうとした。昭和39年8月に完成したのが 「堀川口防潮水門」 である。

堀川口水門マップ

 水門は、名四国道が堀川を跨ぐ 「港新橋」 の下流に位置し、4つのゲートがある。常時は開放されていて、どんな高さの船舶でも航行することができる。高潮や津波の発生時には、下の写真で見るような横向きのジャッキにより扉を閉じる構造になっている。
 平成24年の新聞記事によると、南海トラフ大地震などによる津波には充分に耐えられない恐れがあるという。名港管理組合の発表によると、もともと徐々に水位の上がる高潮を想定して建設された施設であるため、急激に押寄せる津波では変形して閉めることができなくなるかもしれないというのである。補強対策を検討するとあるが、現地を見たところ、水門に続くコンクリート堤防に亀裂が入っており、早期の対策が必要であると考える。

堀川口水門G
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/443-63fb2c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ