FC2ブログ

Entries

中川口通船門

 中川運河は昭和5年、名古屋港と名古屋駅の貨物停車場 (旧笹島駅) とを結ぶ運河として誕生した。明治末期以降、名古屋港の貨物輸送は急激に増えており、水上交通路の強化が急務となっていたのである。全長約10km、幅は60~90m、水深は約3mの閘門式・開削運河である。
 中川運河の河口と名古屋港では、1~2mの水位差があるので、船を通航させるには閘門が必要である。その装置が 「通船門」 であり、昭和5年に第一閘門が整備された。最盛期には、通過するために10時間も待たされることがあり、昭和38年に第二閘門が増設された。その構造は、観音開きのマイターゲート式となっている。

中川通船門マップ

 物流の主役がトラック主体となった現在では、平成3年に第一閘門が閉鎖され、第二閘門だけの運用となっている (上の写真①)。 写真の中央 (②) は、中川口ポンプ所で、5基のポンプにより運河側の水を海側へ排水する設備である。右 (③) は、水位調整用の取水門で7門の扉からなっている。昭和48年に排水用として整備されたが、平成2年からは浄化用として使用されている。
 下の写真と図は、名古屋港管理組合のホームページからお借りした。「名古屋版ミニチュアのパナマ運河」 とも呼ばれているが、その様子がよく分かる図版である。
 近年、沿岸用地の新たな利用を展開しようとする 「中川運河再生計画」 が始まっている。

中川通船門G


菖蒲湯

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/444-42e81078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ