FC2ブログ

Entries

富貴の港

 尾張と三河の境に文字通りの 「境川」 が流れ、衣浦湾に流れ込んでいる。衣浦湾三河側の碧南・高浜と知多半島側の半田・武豊一帯の港湾を 「衣浦港」 という。その中で武豊港は、海が荒れることなく水深も深いことから、自然の良港として古くから発展してきた。
 明治になって、国鉄東海道線敷設のための資材運搬用に、武豊港と熱田駅とをつなぐ武豊線が開通している。かつては港まで列車が走っていたが、現在は武豊駅から先は廃線となっている。(平成25年4月2日の本ブログ「武豊停車場と転車台」参照)

富貴マップ

 武豊の南にある富貴の港は、現在ヨットハーバーとして利用されている。このハーバーは、持ち主による自主管理により運営されていて、80艘のヨットが繋留されている。ハーバーの南には新江川 ① が注ぎ、北には新川 ② が流入している。それぞれの河口部には、高潮などを防ぐための樋門・水門が設置されている。
 富貴の地には浦島伝説があって、この海岸から浦島太郎が竜宮城へ行ったのだ伝えられている。今はほとんど見られないが、かつては松の美しい白浜があったという。その昔話を記念して、浦島橋 ③ ・乙姫橋 ④ 2本の橋が架かっている。

富貴G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/449-365f9ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ