FC2ブログ

Entries

油ヶ淵水辺公園

 油ヶ淵 (あぶらがふち) は、愛知県内唯一の天然湖沼である。周囲6.3km、面積64ha、平均水深は約3m、海水と淡水の混じりあった汽水湖である。成立の歴史は比較的新しく、江戸時代初期のことである。
 家康の命により矢作新川の開削が行なわれたが、新川への土砂流出を防ぐために米津と鷲塚の間に堤防が設けられた。これにより、入海が遮断され、油ヶ淵の基になる湖沼ができたのだという。「油ヶ淵」 の名称は、息子の漁の安全を祈る母親のために、淵の神が娘に姿を変えて、油の灯で岬を照らしたという伝説に基づいている。

油ヶ淵マップ

 碧南市と安城市に跨る湖沼の周辺に、新たな大公園が整備されつつある。西三河では初めての県営公園 「油ヶ淵水辺公園」 である。水面も含めた全面積は約140ha、広大であるので5つのエリアに分け、それぞれに性格付けをしている。「矢作川水圏」 「自然ふれあい生態園」 「農地の保全」 「交流広場」 「水生花園」 である。
 今年の4月に、自然ふれあい生態園 (安城市側:左の写真) と水生花園 (碧南市側:右の写真) の一部が開園された。さっそく地域の方々がボランティアとして参加していて、花壇づくりや除草などの活動を始めている。一昨年の秋から春にかけて造園工事が行なわれたが、その監督業務を当社が担当させていただいた。

油ヶ淵G
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/482-b3f70364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ