FC2ブログ

Entries

矢作古川分派施設

 矢作川は、長野県平谷村に端を発し、愛知県の豊田市や岡崎市、安城市や西尾市を流れて三河湾に注ぐ。延長117km、流域面積1830平方km、標高差約1900mの一級河川である。かつては、上流からの木材や下流からの塩などが行き来する、重要な交易路であった。
 戦国時代に入ると、三河の国も織田・今川・松平 (徳川) などの戦国大名が覇権を争う舞台となった。大名たちは領土を拡大するだけでなく、勢力を増大するために領土内の農地開発にも取り組んだ。洪水に悩まされてきた矢作川では、大規模な治水工事も行なわれるようになった。

矢作古川マップ

 安土桃山時代 (1590年ごろ) には、秀吉の命により築堤工事が行なわれ、網上に乱流していた矢作川は徐々に一本化された。しかし、八ツ面山 (やつおもてやま) より下流は、依然として洪水が治まることはなかった。江戸時代になって米津方面に向けて新川が開削され、ようやく水害は防止されるようになった。
 上の写真は新川と古川の分岐地点、手前が古川である。平成28年になって、古川の始点に新たな洪水調整のための施設ができた。「矢作古川分派施設」という。高さ約16m、幅約66mの巨大なコンクリート構造物である。この水門により流量を調節することができるようになり、下流域はより安全な地域となった。

矢作古川G
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/483-02b61d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ