FC2ブログ

Entries

津島湊跡(天王川公園)

 天明年間 (1780年代) まで、津島には木曽川の支流 「天王川」 が流れていた。そして、現在の天王川公園辺りに 「津島湊」 という川湊があった。当時の様子を 「尾張名所図絵巻7」 に見ることができる。(下左の図)
 今も同じ場所にある瑞泉寺が手前に描かれ、図の中央左寄りに描かれる入り江が「車河戸」と呼ばれる津島湊である。その入口は 「江口」 と呼ばれていた。現在の公園平面図で見る 「くの字」 に曲がった水面が車河戸の名残を今に伝えている。

天王川公園マップ

 現在の車河戸にも、図絵と同じように島があり、そこに櫓が組まれている (下の写真)。「津島天王祭」 では、5車の 「まきわら船」 に提灯 (ちょうちん) が灯され、車河戸から船出して、江口を通って丸池を漕ぎ渡る。毎年7月第4土曜日・日曜日に開催される夏の風物詩である。現在、国の無形民俗文化財に指定されており、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている。

天王川公園G

 今年こそは、まきわら船を見たいと考えていましたが、台風の影響で中止になってしまいました。写真を撮ることができませんでしたので、名所図絵の図版と観光交流センターに展示されていた模型の写真を掲載します。

天王川公園H
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/487-8c9b7171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ