FC2ブログ

Entries

香嵐渓・足助八幡宮

 「塩の道」 足助宿の入口に、大きな木々に囲まれた神社がある。「足助八幡宮」 という。紅葉と春のカタクリで有名な香嵐渓と、飯田街道を挟んだ反対側にある。香嵐渓の駐車場へ入る交差点にあるのだが、いつも渋滞に気をとられてあまり注目されないかも知れない。
 社伝によれば創建は古く、天武天皇の白鳳2年 (673) という。北に足助川が流れ、東を流れる巴川と合流して今度は西側を区切っている。南東には、飯を山盛りにしたような形の飯盛山が聳えている。東の青竜・西に白虎・南に朱雀・北は玄武と四神相応のめでたい神域といわれている。

足助神社マップ

 人だかりの多い拝殿 (下左の写真) の奥に、ひっそりと本殿 (上の写真) が柵に囲まれて鎮座している。様式は、前面の屋根を長く伸ばした流造りで、いわゆる 「三間社流造・桧皮葺」 である。文政元年 (1466) の再建といわれる。妻飾・像鼻・手挟や蝦虹梁などに特徴があり、室町時代の作として国の重要文化財に指定されている。
 拝殿の正面にひときわ高く聳える杉の大木がある。幹周り6.8m、樹高45.5m、樹齢は500年以上と推定されている。境内の入口近くに小さな木造の建物 (下右の写真) が佇んでいる。これは 「鐘楼」 の名残である。明治になるまで八幡社には神宮寺が併設されていたが、明治維新の神仏分離政策により撤去されてしまったのである。

足助神社G


季節通信26イチョウ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/499-14a583fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ