FC2ブログ

Entries

オアシス21(立体公園)

 昨年、「外国人旅行者が選ぶ夏のフォトジェニック観光スポット」ランキング2位という“栄光”に輝いたのが「オアシス21」である。“フォトジェニック”とは“インスタ映え”と同義語で、“写真向け”という意味。因みに1位は北海道・洞爺湖、3位は横浜のラーメン博物館である。
 大都市の人気ランキングで最下位と評せられ、自信を失いそうな名古屋ではあるが、よくよく見てみれば他所に無い自然や文化、人々の暮らしなど良いものもたくさんある。むしろ名古屋の人が自分のまちを知らないがための“アピール不足”ではないかと、これは私の見方である

オアシスG

 オアシス21の敷地約2haには、元は愛知県文化会館とNHK名古屋放送会館があった。昭和50年代後半に両者とも再整備構想がもち上がったのが、公園も含めた3者一体化構想のきっかけである。東隣にあった栄公園(約3.5ha)の一部をNHKと交換する。栄公園を久屋大通公園に含めて面積を増やし(建蔽率)、愛知県芸術文化センターを建てて跡地を公園にするという計画である。
 久屋大通公園の地下には、地下鉄駅やセントラルパーク地下街があるため、芸文センターやNHKとの行き来は、地下・地上・デッキの3つの通路が望ましい。地下広場・地上公園・空中水面(水の宇宙船)をもつ「立体公園」が誕生した理由である。このような公園は全国に例がなく、都市公園法にも想定されていなかった。何度も建設省と協議を重ねて、ようやく認められたものである。

オアシスH
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/518-52fb7192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ