FC2ブログ

Entries

東海道金谷宿の石畳

 徳川家康は、関が原の戦い直後の慶長6年 (1601) に 「五街道」 を制定した。街道には、一里塚や宿場町、伝馬制度などが設けられ、「東海道五十三次」 もその一つとして整備されたのである。  
 静岡県島田市にある金谷宿は、江戸から51里 (約204km)、品川から数えて24番目の宿場町である。23番目の島田宿との間には大井川があり、洪水時の足止めなどのため、どちらも宿泊客で大いに賑わったという。

金谷宿E

 大井川沿岸の金谷宿から西へ向かうと、牧之原の台地に到るが、その間はとても急な坂道である。さらに、土質が粘土質であるので雨のたびに滑りやすくなり、旅人も馬も難儀を極めたという。そこで文久年間 (1800年ころ) に玉石による石畳が整備された。
 その道も近年は、コンクリートやアスファルトに置き換わってしまった。しかし、平成3年、地域の方々の熱意により、その一部が昔のような石畳に整備された。一人一石、71000人の参加により430㎡が復元されたのである。この事業は 「平成の道普請」 と呼ばれている。      

金谷宿E
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/52-91fd4108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ