FC2ブログ

Entries

蒲郡・稲生港石積防波堤

 蒲郡の海岸には、たくさんの港が並んでいる。東からラグーナ蒲郡・三谷漁港・蒲郡港・形原漁港・倉舞港・知柄漁港・東幡豆港などである。三河湾のゆたかな魚介類の水揚げのために古くから立地している。
 三河湾に突き出した西浦半島の東海岸、形原漁港の南に「稲生港」がある。この港の歴史は古く、文亀年間(1501~1503)には突堤が築かれたという。明治28年(1895)に船囲堤が修築されたが、これは半円形に水面を囲む小規模なものであった。

稲生港マップ

 現在残されている「稲生港石積防波堤」は長さ171m、高さ6m、花崗岩を積上げた堂々たる堤防である。建造は大正9年(1920)、船主仲間で造ったという石碑が残っており、地元漁民も工事を手伝ったという。平成17年(2005)に土木学会選奨土木遺産に指定された。
 花崗岩は「幡豆石」と呼ばれるものであるが、地元の人たちはこの地に産する「西浦石」であり、このふたつは違うのだという。西浦石は割れやすいのが特徴で、大坂城や名古屋城の石垣にも使われている。防波堤の天端には、石で造った「繋船柱」が5間(9m)間隔で建っているが、これは全国的にも珍しいものという。

稲生港G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/521-943d5f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ