FC2ブログ

Entries

変更設計

 かつて(7年前まで)、名古屋港の「ブルーボネット」で働いていたころに「園長さんのガーデンライフ」と題して、今と同じようにブログを発信していた。その第354回(平成22年2月24日)の記事に、次のような一文を載せた。以下要約・・・
 「YイコールXの二乗」をグラフに描くと放物線になる。上からの圧力に強いので、ダムや橋などに応用されている。木曽三川公園の「ツインアーチ138」は、2本の放物線で構成される展望塔である。
 人の一生も曲線で描くと放物線になるのではないか? 40歳頃をピークに元に戻っていく。定年後には責任も軽い大学生に、さらに高校生・中学生と下って幼時のように人の手を借りるような生活になる。・・・として次のような「人生の放物線」を描いた。

放物線

 ところが最近「人生100年時代」と言われるようになった。私事で恐縮ですが、60歳で名古屋市を退職した後、ブルーボネットで足掛け5年、さらに現在の職場・中部復建に7年勤めている。4年前には何と、名古屋工業大学院・修士課程に入学して勉強もしている。
 今、人生80年ほどを想定して描いた「人生の放物線」を変更する必要性を感じている。定年後に「大学院」や「浪人」時代を挟み込んでみよう。“老人は余生”ではなく、“今こそが人生で最も楽しく、輝く時代”と考えて過ごして行きたい。

放物線2


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/536-58d00f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ