FC2ブログ

Entries

瑞穂運動場と日比野寛先生像

 名古屋市の運動場の歴史は、明治42年(1910)に開園した鶴舞公園の陸上競技場に始まる。しかし、トラックやスタンドの規模が時代の要請に比べて小さくなったことから、昭和16年(1941)に瑞穂運動場に移って拡大された。
 戦後に始まった国民体育大会の第5回目(昭和25年)の開催地に愛知が選ばれ、瑞穂陸上競技場がメインの会場となった。その後、昭和58年の高校総体(インターハイ)や平成6年の「わかしゃち国体」の度ごとに、大改修を施して会場として使用されている。平成6年からは、サッカーJリーグのホームスタジアムとしての役割も果たしている。

瑞穂運動場G

 陸上競技場の南隣に、ラグビー場がある。毎年、地域の高校・大学のリーグ戦や、トップリーグの対戦が行なわれている。今年の秋、日本で初めての「ラグビーワールドカップ」が開催される。全国各地のラグビー場で激戦が繰り広げられるが、当地では、瑞穂よりスタンド数の多い「豊田スタジアム」が選ばれている。
 陸上競技場の正面ゲートの横に、ひとりの男性の銅像が立っている。日本のマラソンの始祖とも言われる日比野寛先生を顕彰して、昭和41年に建てられたものである。日比野先生は長く愛知一中(現旭丘高校)の校長を務められ、身体の強健と精神の健全との一体を教育の理念とした。「病人は病院へ行け、弱いものは歩け、健康な者は走れ、強壮な者は競争せよ」と説いたという。

瑞穂運動場マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/541-91990c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ