FC2ブログ

Entries

形原温泉「あじさいの里」

 形原温泉郷は、蒲郡港から西へ向かった山裾にある。天正年間というから、戦国の時代に開設された。補陀ヶ池の下にある補陀寺の祖丘禅師が、夢のお告げで湯を掘り当てたという。その後、温泉の湯は枯渇したが、昭和20年の三河大地震のときに再び湧出して復活したという歴史をもつ。
 補陀寺は、神亀3年(726)に建立され、行基の作った馬頭観世音菩薩を祀ると伝えられている。応仁の乱で諸堂のほとんどを焼失してしまったが、観世音像はその難を逃れて現存している。温泉発掘の経緯もあり、現在でも温泉の守護神として信仰されている。

蒲郡あじさいの里G

 「あじさいの里」は、三角形の補陀ヶ池の周辺と堤防の斜面を利用した庭園である。池を回遊する園路や、階段を上り下りしながらアジサイや樹林の風景を観ることができる。120種5万株が植えられており、品種の説明コーナーや鉢植えを売る店もある。
 蒲郡には「紫陽花寺」とも呼ばれる「本光寺」があり、15種1万株を見ることができる。三ヶ根山スカイラインの道路わきには7万本ものアジサイが植えられていて、「あじさいロード」とか「あじさいライン」と呼ばれている。海に近い山の手の土地柄は、アジサイの生育に適しているのだろうと思われる。

蒲郡アジサイの里マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/543-b20dd813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ