FC2ブログ

Entries

鶴舞公園の花菖蒲池

 鶴舞公園は名古屋市初めての公園として、明治42年に開園した。その翌年の明治43年には「第10回関西府県連合共進会」という一大イベントが開催され、名古屋市民の5倍を越えるような入場者があり、この博覧会がきっかけとなって名古屋市が大発展を遂げたといわれている。
 公園の全体設計は、当時第一人者の本多静六と建築家の鈴木貞次が行い、東側の日本庭園部分は、名古屋在住の茶道宗匠が担当した。竜が池(かつてのボート池)西にある花菖蒲池は大正11年に造られたという。公園の整備は博覧会の後、大正の後期まで続いているので、花菖蒲池は公園開設の当初から利用されたものと思われる。

鶴舞公園菖蒲池マップ

 面積1haほどの庭園には3つの池があり、90種2万株のハナショウブが植えられている。一番大きな池には石造りの八ッ橋が架かっていて、中の島には傘亭が建っている。毎年6月初めの日曜日には、池の畔で野点の茶会が開催される。今年は開花中の2週間、雪洞(ぼんぼり)によるライトアップも行なわれた。
 公園中央にある緑化センターの一階ホールで、名古屋花菖蒲会が主催する「鉢花・切花」の展示会(下左)が開催された。菖蒲池から南へ向かう広い園路の両側には、ハナショウブと同じ時期に咲くアジサイが植えられている。花も樹形も小型な姫紫陽花(下右)が満開を迎えていた。

鶴舞公園菖蒲池G
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/544-d96555e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ