Entries

焼津漁港の運河

 焼津は古くから漁業が盛んで、江戸時代にはすでに相当規模の漁港が形成されていた。明治になって、石油発動機付きの漁船が導入されると、漁場も黒潮流域の彼方にまで広がっていった。さらに昭和には、大型カツオ漁船が進水するなど東洋一の遠洋漁業の基地として栄えるようになる。現在も水揚げ高では、全国一二を争う漁港である。
 海岸線に平行して、1本の運河が走っている。これは、魚や物資を運搬するために、元禄13年(1700)に掘られたものだという。海岸と運河に挟まれた町並みを 「浜通り」 という。ここには、カツオのなまり節などを作る水産加工屋さんが軒を並べている。

焼津 マップ

 一軒のお店の玄関に、不思議な構造物を見つけた。お店の人にお伺いすると、台風などの高潮のときに海水が家屋の中まで浸入しないようにする「板堰」だという。わざわざ板を持ってきて、実際に行うように設置して見せてくれた。

焼津港A
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/55-9250172f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ