FC2ブログ

Entries

矢勝川の彼岸花

 愛知県の半田市と阿久比町の境に矢勝川という小さな川が流れている。この川の堤防には約200万本のヒガンバナが植えられていて、毎年9月下旬 (秋のお彼岸ごろ)、堤防を真っ赤に染めるほどに花を咲かせる。これは20年ほど前から半田の人たちが植え育て、年々増やしていったものである。中心になって活動しているのは 「矢勝川の環境を守る会」 の方々で、川の清掃にも取組んでいる。

矢勝川1

 ヒガンバナは、種で繁殖するのではなく球根で増えていく。9月中旬になると突然地中から芽が出てきて、1週間ほどで真っ赤な花をつけるのでビックリする。花が終わると濃い緑色の葉が繁り、冬の間に栄養を球根に蓄え、春になると地上部は枯れてしまうのである。球根にはリコリンという毒が含まれているが、飢饉の時には、水さらしにより毒を消して救荒食物にしたという。
 この半田市岩滑 (やなべ) 地区は、新美南吉の童話 「ごんぎつね」 の舞台であり、近くにその記念館がある。今年は、南吉の生誕100年目に当たり、各種の記念事業が開催されている。

矢勝川マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/57-96e856d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ