FC2ブログ

Entries

木曽川の太田橋と化石林

 岐阜県太田宿近く、木曽川を渡る「太田の渡し」は、中山道の難所のひとつに数えられていました。太田橋が完成し、渡し船が役割を終えたのは昭和2年のことです。太田橋とその下流の今渡ダムについては、2017年10月20日にこのブログでご紹介しましたのでご覧ください。
 今回は、河原まで下りて写真を撮りましたので、違うアングルでの橋の姿になりました。加えて新しい発見がありました。太田橋下流一体に広がる「化石林」を見ることができたのです。化石林とは、太古の時代に森林の樹木が土砂などに埋まり、化石(珪化木)となったものです。

化石林マップ

 平成6年夏、異常渇水のため木曽川の水位が下がった時に、立ったままの化石木が両岸で425本も見つかりました。これだけ大規模な化石林は全国でも初めてで、大変貴重な発見となりました。化石林のある地層は瑞浪層群といい、約1900万年前のものといわれています。
 化石になった樹木の主な種類は、暖地に自生するアオギリの仲間で、今の日本では見ることができません。川岸の水面近くに、根株部分の化石を見ることができました。下の写真では、白っぽい色をした岩のように見えています。化石をよくよく観察すると、年輪のような模様を見ることができます。

化石林G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/591-6c1b37be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ