FC2ブログ

Entries

横井也有宅跡のムクノキ巨木

 名古屋城外堀の南、那古野神社の西に東照ビルがある。その南の中庭にムクノキの巨木がある。根元には小さな祠が祀られており、太い幹にはしめ縄も張られている。幹まわり5m、高さは20m、樹齢は400年と推定されている。ただ、幹に大きな洞があり、コンクリートが埋め込まれている。
 ビルの道路側に、この木の説明版が立っている。この地は、横井也有(1702~1783)宅の跡地であるという。也有は三の丸西隅(現愛知県図書館)に居を構えていたが、53歳で隠居した後、この地に移住したという。

也有宅跡マップ

 横井也有は、知行1000石の尾張藩重臣であるが、和歌・俳諧・書画などを嗜む文人として有名である。特に俳句は「うずら衣」の作者として、俳文の新生面を開拓したと言われている。也有の俳句は、芭蕉やその門人とは一味異なり、洒脱でユーモアな人間批評が含まれている。
 東山植物園の日本庭園の一部に「也有園」があることは1月3日のブログでご紹介した。也有園は、自然林の中にポッカリ開けた明るい林泉で、個性的な八つ橋や鄙びた四阿(あずまや)が点在している。風流人・也有に相応しい、雅趣に富んだ雰囲気を醸し出している。

也有宅跡G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/602-1b42414e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ