FC2ブログ

Entries

牟呂用水 水力発電所遺構

 牟呂用水最終放水樋管から約1kmほど遡ったところに、赤レンガ造りの樋門が残っている。これは明治時代に造られた、愛知県内初の水力発電所の遺構である。明治27年 (1894 )に豊橋電灯株式会社が設立され、完成したばかりの牟呂用水を利用して発電所を設置することとなった。明治29年に、16燭光 (約20w) の電灯600基分の発電所が完成したのである。

むろ用水発電所A

 しかし、この発電所は水量も少なく出力が不足することから、蒸気機関を使った火力発電方式を併設するなど改良を重ねたものの、明治41年には14年間の操業を終えて閉鎖されてしまった。現在残されているのは、水を堰き止めて、導水路により発電機まで送水するための樋門だけである。平成元年に行われた区画整理のための発掘により、樋門より下流の左岸に発電機の基礎が見つかったが、調査・測量の後に撤去されてしまった。
 100年以上経った現在、自然エネルギーを利用した 「小水力発電」 が検討課題となっている。明治時代の知恵が、再び役に立つ日が来るかもしれない。

むろ用水発電所マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/62-8ef3a4a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ