FC2ブログ

Entries

京都 嵯峨野・嵐山

 嵯峨野・嵐山といえば京都でも最も人気の高い観光スポットである。京都北西の嵐山から、桂川が流れ出るあたりを嵯峨野といい、風光明媚なこともあって寺社や山荘が集まっている。天龍寺近くの大河内山荘から野宮神社にかけて、見事な竹林の道がある。手入れの行き届いたモウソウチクの林で、切り取った竹の枝の柵も美しい。背丈ほどに伸びたタケノコが面白い形をしていた。

嵯峨野G

 野宮大神は小さいけれど歴史と雰囲気のある神社である。斎王が、伊勢神宮に赴く前に身を清める場所だという。その様子は、源氏物語「賢木の巻」にも描かれている。入り口の鳥居もユニークである。色が黒く「黒木鳥居」と呼ぶ。樹皮がついたままのクヌギの丸太で出来ている。鳥居としては極めて原始的で、日本最古の形式という。

嵯峨野マップ

◆◆新型コロナウイルスが猛威を振るっています。国内の感染者が5000人に近づき、死者も100人を超える事態です。明日にも緊急事態宣言が発令されるかという報道も聞こえてきます。他人事ではなく、自分や身近な人に感染が及ぶことも充分に有り得ると考えなければなりません。◆◆
◆◆お気づきのように、このブログも最近取材を控えています。そのため、過去の古い写真や中部以外の旅行の思い出などを記事にしているのです。外に出ない分、パソコンを見てくださる方も多いと思いますので、このスタイルで当分続けていきたいと思います。◆◆
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/620-2c93a889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ