FC2ブログ

Entries

三色咲分けの花桃

 落語に三題噺というのがある。客席から3つのお題をもらい、何ら脈絡のない3つの言葉を結び付けて1つにまとめる即興の落語である。江戸中期の落語家・三笑亭可落が始めたもので、決まりとして「人の名前」「品物」「場所」の言葉を題目とした。
 今ここで、三題噺で遊んでみよう。「桃介」「ハナモモ」「文化のみち二葉館」である。4月中旬から5月初めに、中央道・園原インターから国道256号の清内路にかけて赤・白・ピンク3色に咲き分けるハナモモが見ごろとなる。近ごろ昼神温泉では、春の観光客誘致の目玉ともなっている。

桃介G

 この珍しいハナモモの品種は、福沢桃介がヨーロッパから持ち帰り、南木曽の「桃介橋」(2013・10・20の記事参照)近くにある別荘で大切に育ててきたものである。清内路の人々がその苗をもらい、国道沿いに植え始めたのが増殖の始まりという。桃介とは、福沢諭吉の娘婿で電力王と呼ばれた人物である。
 名古屋市東区の文化のみちに「二葉館」(2013・11・25)がある。この古い建物は旧・川上貞奴邸で、今は郷土ゆかりの文学資料展示館になっている。貞奴は日本初の女優で、桃介のパートナーでもあった。自らも事業家として名を馳せ、この二葉御殿は起業家や文化人のサロンの役割も果たしていた。
 
 三題噺は落語なので必ず「オチ」があるのですが、この話は残念ながらこれでおしまいです。

桃介H


季節通信66タンポポ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/624-58e557bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ