FC2ブログ

Entries

JR飯田線「天竜峡駅」

 JR飯田線には長い歴史がある。南からは、明治30年(1897)に豊川鉄道が豊橋・豊川間を開通させたのを皮切りに、鳳来寺鉄道、三信鉄道などの造った路線をつなぎ合わせて、天竜峡駅まで全通したのは昭和12年(1937)のことである。40年の年月がかかっている。
 北からは伊那電気軌道が辰野・松島間を明治42年(1909)に開通させた。その後、社名を伊那電気鉄道と改め、天竜峡まで全通させたのは昭和2年(1927)のことである。こちらも20年近い。各社の所有していた路線が国有化され、国鉄「飯田線」となったのは昭和18年(1943)のことである。

飯田線G

一方名古屋と東京を結ぶ中央線は、明治22年(1909)に建設が始まり、こちらも昭和2年(1927)に全通している。路線は伊那谷でなく木曽谷が選ばれ、塩尻まで北上して甲府・東京へとつながってゆく。当時は中央・南の高いアルプスを越えることができなかったためと思われる。
 トンネル掘削技術の進歩した現在では、新しいリニア新幹線はアルプスの下を掘ってなるべく直線的に走るルートが選ばれた。途中各県に一つ新駅が設けられることとなり、長野県では飯田が選ばれた。太い幹線から取り残されていた南信・飯田が日の目を見るときが来たと言えよう。

飯田線マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/648-2267d0e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ