FC2ブログ

Entries

大鹿村「三六災害」の傷跡

 先回の「中央構造線博物館」の写真をもう一度見ていただきたい。後方に写る大西山の山肌が、大きく崩れたまま赤茶けた状態に見て取れる。「三六災害」、昭和36年(1961)6月下旬に信州伊那谷を襲った集中豪雨の傷跡である。60年経った今も、崩落跡には一木一草生えていない。
 降雨量は523mm、各地で山津波崩落を起こし、多くの家屋・田畑・人命に被害を及ぼした。特にこの大鹿村では、大西山(1741m)で前代未聞の大崩落(山体崩壊=トップリングという)が発生し、川沿いの集落を飲み込んでしまった。土砂の勢いは対岸にも及び、合わせて40戸の住宅と42人の命を奪ったのである。

大鹿村崩落地

 20年ほど前、桜の時季に一度訪れたことがある。崩落した土砂がなだらかな丘を形成しており、その上が公園となって一面に桜が咲いていた。堆積土砂の量は、354万㎥と計測されており、取り除くことは不可能であろう。地下深く眠る人々の上に、鎮魂の意味を込めて桜を植えたのである。
 未だ剥き出しになったままの岩肌を背景に、観音像が立っている。平成3年(1991)に、被災30周年を記念して、村民有志が建立したものである。近年、一日500mm、時間100mmといった豪雨が各地で頻発している。このような悲惨な災害が、再び起きないことを祈るばかりである。

季節通信79夏の花

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/657-c89699eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ