FC2ブログ

Entries

大鹿村「電子基準点」

 「中央構造線博物館」の裏手にステンレス製の柱が立っている。最初見たとき、場所柄といいゴミ焼却炉の煙突かと思った(失礼!)近寄ってみると説明版があり、国土交通省国土地理院が設置した「電子基準点」であることが分かった。
 柱の頭部に、GNSS(全世界的衛星測位システム)衛星からの電波信号を受信するアンテナが取り付けられている。柱の中には受信機本体と受信データを転送するための装置が入っていて、常時連続観測を行っているという。非常に重要な施設なのに柵もなく、敷地の隅にひっそりと立っていた。

GPSアンテナG

 GPS(Global Positioning System)は、米国で開発された位置を求めるシステムで、上空約2万kmを飛行している人工衛星から送られる電波信号を受信し、衛星と電子基準点との距離を測定することにより基準点の位置を求めるものである。
 電子基準点は、おおむね20km間隔で全国に1300か所ほど設置してある。右下の図は、大鹿の基準点を中心に、各地の基準点が1年間に移動したベクトルを示している。これによると、日本列島は東西に縮んでいることが分かるという。左上は長野県の立体地図、地球を上から眺めるのは楽しい!!
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/658-e77904c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ