FC2ブログ

Entries

大府市の「明神樋門」

 境川は、三好カントリ―あたりに源を発し、尾張と三河の“境”を流れて衣浦湾に注ぐ。延長約40kmの二級河川である。五箇村川は、豊明市が源流で、境川と並行して流れて大府市で境川に合流する。元々は、江戸時代に灌漑用水を排水するために開削された人口の川である。延長約6km。
 境川には、尾張東部の丘陵地や三河の平地から流れ込む支流がたくさんある。そのひとつ、大府北東部の宝池から流れる川を明神川という。五箇村川は、天井川でもある境川より低い位置を流れているので、明神川を直接境川に流すためには立体交差する必要があった。

修正

 立体交差のための樋門は、元は木製であったが、たびたび洪水により破損するので、明治34年ごろ人造石工法により改修された。この工法は碧南出身の服部長七が考案したもので、「長七たたき」ともいい、コンクリートが導入されるまで広く使用された。
 下左の写真は五箇村川が明神川の下を流れる水門、中央は明神川が境川に注ぐ水門(明神川逆水樋門)である。「たたき」というのは、消石灰と真砂(サバ土)とを水で練り、“たたき固める”ことからいう。明神樋門の人造石は初期の段階で施工されたもので、貴重な近代化遺産のひとつである。

明神樋門G
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/665-357c091a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ