FC2ブログ

Entries

旧大山田村の「辻堂古墳」

 せせらぎ運動公園を少し上流へ上った旧大山田村(現伊賀市)に「辻堂古墳」がある。元々は、径20mほどの円墳あるいは前方後円墳だったと思われるが、今は、土盛りが取り払われ、さらに天井板も持ち去られて横穴式の石室が剥き出しになっている。玄室の奥には、2つの石棺が残っている。
 床面全体に湿気を防ぐための敷石を並べ、羨道部には排水溝を備えている。出土した土器については、二つの時期があると考えられている。第一次の埋葬は6世紀後半、第二次は7世紀後半である。5m近くある石室から考えると、被葬者の家系はこの地域の有力な豪族だったと思われている。

辻堂古墳H

 「辻堂古墳」と呼ぶのは、水路と農道を挟んだ向かい側にお地蔵さんの入る「辻堂」があるからであろう。お堂の前に大きくて平たい石が据えられているが、形から見て玄室の蓋だったのでないかと思われる。ちなみに「辻」とは道路の交差するところをいう。
 お堂の軒下に、石地蔵尊についての由来が杉板に記してある。古い文体だし文字も薄れているので判読しづらいが次のように読める。“長年の洪水の影響で、用水路の線形を変えるために「塚」の移動をしたところ祟りがあった。卜者が言うのにお堂を建立すればよいというので一宇建立した”“当初は藁葺きであったが、宝暦12年(1762)瓦葺きに再建した”

辻堂古墳G


季節通信81鍵屋の辻
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/672-12adf799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ