fc2ブログ

Entries

高浜市「森前公園(瓦庭)」と「渡船場跡」

 衣浦大橋を渡りきったすぐの所に、高浜市の「森前公園」がある。この公園は、高浜市の地場産業「瓦」をモチーフにした公園で「瓦庭(がてい)」と称されている。園内の舗装・噴水・モニュメントなど全てに瓦がふんだんに使われている。色は黒一色だがガウディ―のデザインに似たところがある。
 公園の隣に「高浜市やきものの里かわら美術館」という長い名の美術館がある。高浜は、日本一の生産を誇る「三州瓦」の中心地である。その歴史は古く、享保年間(300年前)に始まり、大火の後の江戸での需要が増えたことで大発展した。亀崎の湊などから船で出荷したのであろう。

高浜

 公園の一角に「森前渡船場跡」の石碑が建っている。かつてはこのあたりまでが海で、亀崎まで往復する渡し船の湊になっていた。その起源は明らかではないが、江戸時代、刈谷藩は重要視して「浦役」を庄屋に命じ、船の出入りを取り締まったという。
 昭和31年の衣浦大橋開通に伴い、渡し船の役割を終え湊は廃止になった。亀崎側でも同じで、神前(かみさき)神社の近くに常夜灯が残っているだけである。「亀崎渡船場跡」については、2013年4月16日の「衣浦大橋」の項でご紹介していますのでご覧下さい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/688-6b23c1db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ