FC2ブログ

Entries

半田市亀崎の「鬼門地蔵」その2

 亀崎の海岸沿いには、波打ち際から直接石垣を築き、その上に建てた家が数多く見られた。残念ながら、昭和34年の伊勢湾台風により、それらの多くの家が波にさらわれてしまった。ただ幸いだったのは、消防団の強い警告の結果、ほとんどの人々が高台に逃れて死者を一人も出さなかったことである。

亀崎 図絵G

 私の友人もその一人であるが、家財道具一切何も持ち出すいとまがなく、唯一買ったばかりのテレビだけを抱えて非難したという。このような危機意識が醸成されたのは、前年に床下までの浸水をもたらした「13号台風」の経験だったかもしれない。

亀崎I

 厳しい荒海に小船で乗り出す漁師の危険や、台風などの自然災害と向き合う中で、祈りの心が生まれたものと思われる。毎年5月3日・4日に開催される「潮干祭り」には、多大な費用と労力が必要とされる。亀崎は、祭りにしろ地蔵にしろ、強い祈りの気持ちをもつ土地柄なのであろう。
 板壁に「舟板」を使った家は、大通りと「せこ」の角の壁に地蔵を嵌めこんでいた。東北角は、多くの家にとって裏側である。勝手口やガスのメーターなど雑然としたところに祠が造られている。軽自動車も通行不可能な「せこ」から、遠くに海が見える。新旧2体の地蔵は、祖父の代に「一人では寂しかろうと」一体増やしたのだという。友人の話しでは、今後も調査を続けていくという。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/690-4c3434f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ