FC2ブログ

Entries

ダブリンの植物園

 都心近くに国立の植物園があるというので訪ねてみた。グレスネビン植物園という。1759年誕生のキューガーデン(英国王立)ほどではないけれど、1795年設立と歴史は古い。面積20ha、栽培植物数2万種という。(ちなみに東山植物園は1937年設立、27ha,7千種である)
 入口のすぐにある温室は、白くて細い鉄骨で構成された繊細なデザインである。中から見るとさらに、構造の美しさが際立っている。私は温室の評価を、植物との調和ではかることとしている。近年の温室の中には、建築家の主張が強調されて、植物そっちのけという建築を見るからである。

ダブリンの植物園

 ボーダー花壇(園路沿いに宿根草などを植えた細長い花壇)を眺めていると、花ガラ取りの手入れをしている女性ガーデナーがいた。拙い英語で話しかけると、笑顔で応えてくれた。平面花壇や、ハンギングバスケットの立体花壇も見事である。事務所で日本から来たと告げると植物目録をくれた。
 奥へ進むと大木の林立する深い樹林がある。ヨーロッパの公園では、必ずと言っていいほど野生のリスに出会う。人との関係がいいのか、近寄っても逃げる素振りがない。水生植物を栽培する池には、緑色に塗られた橋が架かっている。こういうデザインにも、美的センスが光っている。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/706-b0971955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ