FC2ブログ

Entries

稲葉地公園の「アクテノン」

 地下鉄中村公園駅から1kmほど西に、稲葉地公園という近隣公園がある。面積約3.4ha、野球場や遊戯広場などのある緑豊かな公園である。その中ほどに個性的な円筒形の建物が建っている。「演劇練習館」、愛称は「アクテノン」と呼ぶ。
 この建物は、もともとは水道水を配給する「稲葉地配水塔」として、昭和12年に建設されたものである。市街化の進んだ名古屋市西部の水需要に対応したものだが、ポンプ配水が主流となったために短期間で役割を終え、昭和40年から平成3年までは「中村図書館」として再利用されていた。

演劇練習館G

 「名古屋市演劇練習館」は平成7年に完成した。再々利用である。私事になるが、私はこのころ公園部局の施設建設の課で、「ランの館」「徳川園」「鶴舞公園奏楽堂」そして「稲葉地公園の配水塔」の魅力づくりを担当していた。その中の「稲葉地」が、現在の「アクテノン」になっているのである。
 旧配水塔は水の重量を支えるため、コンクリート壁が非常に厚く充分に再利用に堪えられることが分かった。利用方法はいろいろ検討したが、天野鎮雄さん(アマチンさん)が市長に話した一言が決め手となった。「名古屋は発表の場はたくさんあるが、演劇を練習するところが少ない」と。華やかな発表の場も大切だが、それを支える「練習場」のある町こそ、文化的な都市だと仰るのである。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/756-53c0caea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ