FC2ブログ

Entries

大垣城

 関ヶ原の戦いはつとに有名であるが、その前哨戦ともいうべき杭瀬川の戦いや大垣城の攻防はあまり知られていない。関ヶ原の入り口ともいえる大垣の地は、東軍・西軍の勝敗を分ける拠点となる場所である。石田三成はこの城に入城して西軍の本拠とし、全軍の集まるのを待ったのである。
 しかし、東軍・徳川家康の進出があまりにも早かったため、西軍の動揺は大きく三成は西に後退して関ヶ原に陣を敷くこととなった。その後の戦況は大河ドラマなどに見るとおりである。それほど大垣城は重要な地点であり、4重の堀をもつ堅固な要塞であった。

大垣城G

 関ヶ原の合戦の後の大垣城は、「戦いの城」から「行政の城」に転換した。寛永12年(1635)に入封した戸田氏初代の氏鉄(うじかね)は治山・治水に力を入れるなど、人間味あふれる施策を行ったという。以来、明治になって版籍奉還するまで、戸田氏の治世が続くこととなる。
 天守閣は、明治になった後も破却されることなく残存し、昭和11年には国宝に指定された。しかし残念なことに、戦災により焼失してしまった。現在の建物は、昭和34年に外観復元されたものである。西門近くの広場に、天守閣を背景とした氏鉄の騎馬像が立っている。やはり戸田氏初代の英雄像は、この城に似合っていると思う。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/757-8dbaf352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ