FC2ブログ

Entries

岐阜市「加納城跡」

 岐阜市というと、岐阜城を中心とした一つの町を思い浮かべるが、かつて加納町という町と合併してできた町である。加納は、中山道の宿場町で、加納城の城下町でもあった。今も宿場の面影が残り、お城は明治になって廃城となったが、わずかに石垣は残っている。
 JR高山本線・岐阜駅の南側一帯が旧加納の町で、名鉄本線にも「加納駅」がある。中山道の宿場の様子や建築的に歴史的価値のある旧町役場については《2014年5月23日》のブログに掲載した。城跡の本丸跡の広場や石垣は国の史跡に指定され、公園として利用されている。

加納城G

 この地には古くからお城があったが、本格的に築城されたのは関ヶ原の戦いの後である。岐阜城を本拠とした織田氏(信長の孫)が追放され、城も廃城となった。その代わりとして慶長7年(1602)に加納城が築城され、家康の娘婿が入城した。その後城主は何家か変わったが、城は明治維新まで続いた。
 城跡の一角に古風な門柱が残っている。表札を見ると「岐阜大学教育学部付属・岐阜市立加納小学校」と記してある。建設されたのは、明治30年ごろと考えられている。地元では「赤門」と呼ばれて親しまれており、平成7年に「岐阜の宝100選」に選ばれている。(写真は2014年に撮影)
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/766-d6131f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ