FC2ブログ

Entries

文化のみち 旧高等裁判所

 名古屋市役所本庁舎を東へ5分ほど進み、外堀に架かる橋を渡ったところにネオ・バロック様式の堂々たる建築がある。この建物は 「名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎」 として、大正11年 (1922) に建設されたものである。昭和22年からは法制度の改訂により 「名古屋高等・地方裁判所」 となったが、昭和54年に新庁舎へ移転したため空き家となった。
 当初は現地での建て替えが計画されたため、取り壊す予定であった。しかし、市民や識者に保存の声が強く、官庁街の小公園との敷地交換が成立して保存できることとなった。昭和59年には国の重要文化財に指定、平成元年に改修工事が完了し、現在は 「名古屋市市政資料館」 として市民に親しまれている。

旧高等裁判所3

 煉瓦造り3階建の洋風建築で、外壁は赤い煉瓦と白い花崗岩である。屋根は天然スレート葺き、中央のドームは銅版葺きで、現在は美しく緑青 (ろくしょう) 色になっている。
 正面の車廻しの柱は、2本は丸いエンタシス、2本は角柱であるが中央が膨らんでいて印象的である。中央の大理石階段を登りきったところに、美しいステンドグラスがはめ込まれている。控訴院は全国に8か所建設されたが、現存するのは札幌とこの名古屋だけ、貴重な存在である。

旧高等裁判所5

旧高等裁判所
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/77-72112d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ