fc2ブログ

Entries

飛鳥の古宮と大和盆地

 飛鳥の里を自転車で走り廻ったことがある。一番の目的は、「大化の改新」に関わる古跡を見ることであった。甘樫の丘に登り、飛鳥川沿いの集落や法興寺(今は飛鳥寺)などを見た。その中に、2つの古宮遺跡があった。「小墾田の宮」と「板葺の宮」である。
 「小墾田の宮」は、推古天皇(在位593~628)の宮殿があったと推定されている。田圃の中に説明看板と1本の松の木があった。遣隋使の派遣や隋使来訪時の歓待が行われたという。
 「板葺の宮」は、東西156m、南北197mの掘立柱列で囲われた区画があったという。区画の北側にあった高床式の大きな建物と大井戸が検出され、復元されていた。この宮殿が、「乙巳の変」(蘇我入鹿殺害)の舞台となったところである。

飛鳥古宮G

 大和盆地(奈良盆地)は、北に平城京(奈良:710~794)、南に飛鳥がある。東に石上神社から三輪山にかけての山々、西には矢田丘陵・生駒山地、葛城山系が連なっている。飛鳥川をはじめとする小河川が掌状に集って1つの流れになり、大坂湾へと流れていく。
 古代の大和王権にとっては、恰好の都だったのであろう。広大な水田からの恵みを背景とし、瀬戸内海からの交通の便もあり、山々に囲まれて外敵からの防御にも適している。いくつかの宮殿を転々としたが、平安京(京都:794)に遷都するまで、都であり続けた。

奈良盆地マップ
     ◆◆いろいろな資料をもとに作図したオリジナルです。苦心の作です。◆◆
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/796-3032eed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ