fc2ブログ

Entries

岡崎の大樹寺

 大樹寺は松平家(徳川将軍家の祖)の菩提寺で、岡崎城の3km真北にある。文明7年(1475)に松平4代親忠が、古くから菩提寺である松平郷・高月院(2014・11・22参照)から分骨して開基した。松平郷からは南に約7km、岡崎城との中間に位置する。
 本堂の裏手に、瓦積みの土塀に囲われた墓所がある。松平初代の親氏から8代広忠までのお墓が並んでいる。ちなみに9代が松平元康、すなわち徳川家康である。大樹寺保存会により昭和44年に、家康の墓碑も並んで建てられている。

大樹寺マップ

 駐車場からは、最初に鐘楼を見ることになる。続いて堂々とした山門、寛永18年(1641)に3代将軍・家光が建立した。その西に多宝塔、天文4年(1535)と古く、山門とともに国の重要文化財に指定されている。中心にある本堂からは山門・総門を額縁として岡崎城が見えるようになっている。
 ところが山門の前には道路が走っており、その南の敷地は小学校である。総門は小学校運動場の南端に建っている。総門と山門の間にあった塔頭などは撤去されたのであろうか?この状況は名古屋・東区にある建中寺(戦後の区画整理で公園に) と同じで、明治以降の廃仏希釈など逆風に晒された結果であろうと思われる。

 今年の大河ドラマ「晴天を衝け」の主人公は渋沢栄一であるが、最後の将軍・徳川慶喜も重要な役どころであった。面白いことに、番組の冒頭に家康が登場してコメントを述べる。最初の将軍・家康は75歳という長命であり、慶喜も大正2年まで生き延びて77歳の生涯を全うした。徳川将軍中では最高齢であり、今で言うなら100歳といったところか!?

三つ葉葵

 令和3年(2021)のブログ発信はこれが最終回です。今年もコロナのため取材が思うようにできず、古い旅行の写真を使って凌ぎました。ご覧いただき感謝しています。来年こそは、自由に行動できるような年になってほしいと願っています。乞うご期待!!

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/826-ffd23e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ