fc2ブログ

Entries

岡崎城下・5つの橋 その4

④ 桜城橋
 令和2年に開通した新しい橋である。全長121m、幅員19m、面積2000㎡という広大なもので「橋の上の公園」といった趣きである。構造はコンクリート造りであるが、表面は地元の木材・ヒノキを使用して落ち着いた雰囲気を演出している。(上空からの写真は岡崎市ホームページからの転載)

桜城橋 空から

 まちの玄関・名鉄東岡崎駅と籠田公園とを結ぶ動線になっていて「街中へのお迎え空間」と謳っている。橋上で、今まさに木造の枠組みを製作中であった。大工さんにお伺いすると、イベントの休憩所とのこと。「桜城橋」の名は、公募で集まった4000件の候補の中から選ばれた。
 桜城橋の北には、緑豊かな中央緑道が連なっている。ここには、徳川四天王と呼ばれる武将の彫像が置かれている。太鼓を敲きながら叫んでいる姿は坂井忠次、4人の中で最も長老である。槍をもつのは本多忠勝、「家康に過ぎたるもの」と称せられた。生涯で57回の合戦に出陣したが、一度も怪我をすることがなかったという。
 彫刻は岡崎名産の伝統的工芸品「岡崎石工品」で作られている。

桜城橋G

季節通信153早春の花





関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/834-720a2b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ