fc2ブログ

Entries

落合ダムと村瀬橋

 大井ダムの6kmほど上流に落合ダムがある。ダムの型式は重力式コンクリート、高さ33.3m、長さは215mである。大正15年(1926)に完成した。ダムの上流側で大きなクレーンが稼働していた。ダム湖に溜まる土砂を浚渫しているのだが、砂や砂利は建設資材に活用しているのだろう。
 関西電力の発電専用のダムで、落合発電所と新落合発電所に送水している。落合発電所はダムと同時に竣工、出力は1万4700kwである。昭和55年(1980)になって、発電に使用されないまま放流される水を有効利用すべく新落合ダムが新設された。出力は2万1000kwである。

落合ダムG

 落合ダムのすぐの上流に、湯舟沢川という支流が合流している。ここに、ダムや発電所建設に必要とされた「村瀬橋」が架かっている。長さ69m・幅2.5m、木製トラス補強の吊り橋である。当時は桃介橋同様に、トロッコが走っていたのであろう。
 ワイヤーを張る主塔は鉄筋コンクリート製、くぐる穴がアーチ状になっている。このデザインは、上流の對鶴橋や桃介橋に共通している。建設から100年ほど経ているが、補修などが行われて健在である。現在は車両通行禁止で、人だけの利用が許されている。

落合ダムH

季節通信156サボテン


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/837-0eca1c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ