fc2ブログ

Entries

刈谷ハイウェーオアシス

 伊勢湾岸自動車道「刈谷ハイウェーオアシス」は、岩ヶ池公園と一体となって魅力的な集客施設となっている。東名高速・外環状・名古屋環状など高速道路や1号線・23号線といった国道などが集中する地であり、県道からも入場できるとあって、集客数は日本一と言われている。
 岩ヶ池公園は、面積39haの都市計画公園である。溜池でもある岩ヶ池を中心に、自然の雑木林が広がっている。大型の複合遊具を備えた遊園地には、メリーゴーランドやゴーカートがあり、ミニ汽車「かも・かもポッポー」も走っている。全体の開園は平成30年と新しい。

刈谷オアシス

 ハイウェーオアシスはもともと、高速道路を走る運転手たちの休憩場所であり、駐車場やトイレ、レストランやショップを備えたものである。しかし、この刈谷ハイウェーオアシスはその概念を越えている。まず、遠くから大きな観覧車が目に入ってくる。
 最近、各地のハイウェーオアシスそのものを目的にドライブを楽しむという「レジャー」が流行っているという。刈谷には、地元の名産「えびせんの里」や三河湾で獲れた魚介類を売る店があり、県道側からも人が入る。朝早くから「天然温泉」目当てに、駐車場に並ぶ人もいるくらいである。

季節通信180ヨーロッパからの季節通信
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/840-78a92a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ