fc2ブログ

Entries

宮田用水と宮田西閘門

 木曽川の御囲堤については、先回の「入鹿池」の項で少し触れた。御囲堤の整備は、洪水を防ぐだけでなく、家康にとっては大坂方からの防御や木曽山からの木材運搬のためでもあったらしい。堤防が出来たため、大雨時などの氾濫は防げるようになったが、田畑への灌漑はできなくなってしまった。
 そのため、従来の支流に代る「用水」を整備する必要があった。まず東西に走る「宮田用水」ができ、そこから南へ流れる「大江用水」や「般若用水」、「奥村用水」が開削された。
 木曽三川や用水、輪中の様子を一枚にまとめてみた。これは独立行政法人「水資源機構」のホームページに掲載されている3枚の地図を重ね合わせたものである。(なかなかの労作!?)

水路網G 修正

 用水への「取水口(杁)」は、洪水などにより土砂が堆積すると使用できなくなる。宮田用水への取水口は当初、一宮市の「大野杁」(現在は極楽寺公園あたり)であったが、江南市の「宮田西元杁」、「宮田東元杁」に移り、さらに上流の「鹿ノ島杁」へと移った。最終的には、犬山市の「犬山頭首工」が昭和37年(1962)に完成して今に至っている。(2021・11・17「犬山頭首工」参照)
 「宮田杁」の近く、「宮田用水」から「大江用水」へと注ぐ所に「宮田西閘門」がある。船を上下させて進ませる装置である(2013・3・13の「松重黄門」参照)。今は、用水が暗渠化されたため水面はなく、閘門を構成していた石積みと橋だけが残っている。石積みは「長七たたき(人造石工法)」で出来ている。橋の親柱に「宮田西閘門」「明治三十四年改築」の文字が刻んであった。

宮田杁G

季節通信186桜の花びら


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/854-1c5f4225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ