fc2ブログ

Entries

保曽井神社の太鼓橋(曽井のそり橋)

 四日市は、海岸の港と標高1212mの御在所岳の中間にある。その間を国道477号が結んでいる。東海道は追分の地で伊勢街道と枝分かれするが、その手前、三滝川を渡ったところで右に曲がると477号(湯の山街道)である。
 緩い坂道を登っていくと右に「曽井町」があり、東名阪自動車道の四日市インターに至る。インターを通過してさらに西に向かうと、個性的な展示で名高い「パラミタミュージアム」がある。池田満寿夫の陶彫などを収集している。7年ほど前に世界の植物画(ボタニカルアート)を観に行ったことがある。

保曽井神社H

 1300年の歴史をもち、豊かな源泉に恵まれた湯の山温泉に「御在所岳ロープウェー」の登り口がある。全長2160m、標高差780mを12分ほどで登りきる。白く塗られた鉄塔は高さ60m、日本一高い支柱である。晴れた日には、近鉄の車中から遠望することができる。
 曽井町に「保曽井神社」がある。曽井には、伊勢神宮にお米を納める「御厨」があった。「御厨(みくり・みくりや)」は、「神の台所」を意味する。保曽井神社は御厨の成立と深い関係にあるという。長い参道の入り口に石造りの太鼓橋がある。長さ2.1m、幅1.5mの小さなものだが頑丈なつくりである。欄干の柱に6個の擬宝珠をもつ。天明6年(1786)に架けられたもので、神社にとっては貴重な宝物である。

保曽井神社G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/877-ad37bc5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ