fc2ブログ

Entries

平和橋

 昭和12年(1937)、港区で「名古屋汎太平洋平和博覧会」が開催された。「産業の振興」・「文化の発展」・「平和と親善」を目的とするもので、78日間の期間中に480万人の入場者を得たという。平和橋は、この時に建設されたもので、博覧会の主旨「平和」の文字に因んで名付けられた。
 この年は、東洋一と謳われた名古屋駅の駅舎が完成し、また東山動物園・植物園も開園した年である。100万都市名古屋が目覚ましく発展した時期である。博覧会の会場は都心から離れた場所であったので、市電が延伸整備された。平和橋の幅員が非常に広いのは、真ん中を市電が走ったためであろう。

平和橋マップ

 平和橋は、港北運河を跨ぐ橋である。港北運河は、中川運河の支線として開削されたもので、当時は艀(はしけ)による物流が盛んであった。橋のクリアも船舶が通行できる高さだったと思われる。現在は、運河の一部(平和橋の下も含む)は埋め立てられて「港北公園」となっている。
 博覧会会場は、現在「港アクルス」(2019・3・11参照)として再開発されている。住宅ゾーンや商業ゾーンなどがあり、その中心に「ららぽーと」が営業している。ららぽーとの南に「水上バス」の船着き場がある。港北運河・中川運河や名古屋港を運行する船である。

平和橋G

季節通信174ラムズイアー



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/879-43a14504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ