fc2ブログ

Entries

名古屋港の人造石護岸

 50年前、植物園の日本庭園を設計している時には、トレーシング・ペーパーに鉛筆で図を書いていた。ゼロックスもなく、青色のコピー機の時代である。久しぶりに、図面をトレース(原図の上に薄紙を当てて写すこと)した。引き出しの奥から「オストリッジ・ペーパー」(懐かしい)を探し出して!!
 名古屋港の名港管理組合の入り口に、「人造石」の発掘展示があり、その説明版に古い護岸の断面図が添付されている。写真を撮ってきたのでブログに掲載しようと考えたが、汚れもあってハッキリ見ることができないのである。そこで、昔の腕を揮ってトレース作業に挑んだという次第である。

人造石G

 この人造石の野外展示は、建設工事にともない掘削現場から出土したものの一部である。旧2号地(現ガーデンふ頭)の両側護岸として明治36年(1903)に建設されたという。断片ではあるが、今も石との接着はビクともしていない。
 「人造石」は、石灰と種土(花崗岩の風化した土)に水を加えて練り、叩き固めたものである。碧南の服部長七が考案したことから、「長七たたき」とも呼ばれる。貴重な土木遺産であるので、このブログに何度も登場している。例えば、四日市旧港の「潮吹き防波堤」(2013・7・2)や瑞浪市の「牛牧閘門」(2021・12・23)などである。今も現役で使用されている。

人造石H

季節通信185ホウチャクソウ




関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/880-8f3a953f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ